診断から治療、看取りまで1つの科で完結できるのが魅力

大学はどちらですか。

堺田

浜松医科大学に進学して、一人暮らしを始めました。

血液内科に進まれた経緯を教えてください。

堺田

大学卒業の時期には、まだ入局先を明確に決めきれていませんでした。もともとは、消化器内科や呼吸器内科のような、「手に職をつける」イメージの内科に行きたいと漠然と思っていました。いろいろと経験してから自分にあった科に進みたいと思い、当時では、まだ珍しかったスーパーローテート形式の研修を希望し、名古屋大学関連病院群に応募しました。大学病院並みにほぼ全診療科が標榜されている病院で、多くの症例を経験できる病院(野戦病院)を希望していました。実家近くの小牧市民病院を第一希望とし、めでたく就職しました。
この小牧市民病院は、地域の中核病院であり、「救急車は断らない」をモットーとしていた当時の敏腕院長のもと、全国でも有数の黒字病院でした。研修医は同期が15人、女子は私を含め2人。そこでの初期研修が血液内科へ進むきっかけとなりました。
1年目は全科ローテート、その後、2年間の内科ローテートが義務づけられていましたので、まんべんなく多くの科を回った上で、もっとも興味のある科に進むことができました。内科だけではなく、外科、麻酔科、婦人科、整形外科など、ローテートしたどの科もとても面白く、毎日とても充実していました。当直も多く、病院に泊まり込むことも多かったですが、手技的にも、循環器内科では心臓カテーテルを実際に操作させてもらったり、外科や脳神経外科などでも、小手術を経験させてもらったりと、今では考えられないような多くの経験をたくさん積ませていただきました。指導の先生方は、研修医を相手に、学会発表や、論文作成の指導まで、本当に丁寧にしてくださり、初期研修の間にも様々な学会や研究会で発表の機会をいただき、論文も書くことができ、大変勉強になりました。

私の研修した小牧市民病院の血液内科は、当時、血液内科部長であった内藤和行先生のもと、新たにクリーンルームを増設し同種造血幹細胞移植を新規に始めようという気概のある転換期にあり、抗がん剤治療を行う医師を求めていました。私の血液内科研修の際に、ちょうど清井 仁先生(現名古屋大学血液・腫瘍内科学教授)が留学から戻られ、化学療法の基本から、感染管理、患者さんへの接し方に至るまで、実に多くのことを教えていただきました。
診断時にはとても重篤で、とても助からないだろうと思っていた患者さんが、薬物療法や移植治療で病気を克服し、元気に退院される姿を目の当たりにし、大変衝撃を受けました。また、血液内科の患者さんは、診断から治療、そして看取りまで、1人の患者さんを1つの科でシームレスに診ていけることはほかの科にない魅力だと思います。当初希望していた「手に職をつける」タイプの内科では、内科と外科の連携も治療のポイントになりますが、その難しさも感じる場面がありました。

内藤和行先生にも日々大変お世話になり、繰り返し「君は血液内科が絶対に合っているよ」と薦めてくださったこともあり、最終的に血液内科を選びました。

そのころの思い出に残っている患者さんはいらっしゃいますか。

堺田

当時16歳だった急性白血病の女性患者さんのことは今でも忘れることができません。寛解導入から地固め療法に入った段階で、膵炎を発症されました。指導医の指導を受けながら管理していたのですが、治療の甲斐なく、急速に悪化し劇症型出血性膵炎に至り命を落とされたのです。慎重に治療を進めていたつもりでしたが、若い患者さんの命を救えなかったことは非常にショックで、彼女の顔は今でも忘れることはできません。当時、病棟で内藤先生、清井先生と議論した内容もよく覚えています。そうした経験も、血液内科に進むことを決めた理由の1つだったと思います。

入局されたのは、名古屋大学ではなく、千葉大学ですね?

堺田

研修を終える頃、清井先生から「じゃあ、名古屋大学の医局に挨拶に行こう!」とお誘いを受け、当時の直江知樹教授にご挨拶に行ったことがあるのです。私も名古屋大学の医局に入局するつもりでいました。しかし、翌年に急きょ結婚することとなり、事情が変わりました。研修医時代の同期からは、「お前は絶対に結婚できない」と断言されており、同期が皆、とても驚いてくれました(笑)。私自身も驚きました。ご挨拶しながら入局しなかったことは、本当に申し訳なく思っております。
夫は大学時代の同級生です。千葉大学で研修を受けていたので、私も一緒に千葉大学に入局することになりました。