第5回ブリストル血液学アカデミー

第5回ブリストル血液学アカデミーが,2017年9月2日に東京で開催された。本セミナーは,主要な医学系専門誌および血液学関連専門誌に掲載された日本人の若手研究者の研究成果を,改めてわが国で披露してもらうという趣旨で始まり,今回で5回目を迎えた。

一般講演として,新進気鋭の6名の先生方に興味深い最新知見を報告いただき,多発性骨髄腫セミナーでは平松靖史先生に,特別講演では坂口志文先生にご講演いただいた。その概要を紹介する。

北海道大学大学院医学研究院

内科学分野 血液内科学教室

教授

豊嶋 崇徳 先生

東北大学大学院医学系研究科

血液・免疫病学分野

教授

張替 秀郎 先生

京都大学大学院医学研究科

血液・腫瘍内科学

教授

髙折晃史 先生

九州大学大学院医学研究院

病態修復内科学(第一内科)

教授

赤司 浩一 先生

東京大学大学院医学系研究科

血液・腫瘍病態学

教授

黒川 峰夫 先生

多発性骨髄腫セミナー

座長

北海道大学大学院医学研究院 内科学分野 血液内科学教室 教授

豊嶋 崇徳先生

演者①

姫路赤十字病院 血液・腫瘍内科

平松 靖史先生

「実臨床から考えるエロツズマブの位置づけ」

一般講演1

座長

東北大学大学院医学系研究科 血液・免疫病学分野 教授

張替 秀郎先生

演者①

北里大学医学部 輸血・細胞移植学

石田 隆先生

「複数臍帯血ユニット由来移植補助製剤の開発」

演者②

岡山大学病院 血液・腫瘍内科

松岡 賢市先生

「PD-1は低用量IL-2療法における制御性T細胞恒常性を調節する」

一般講演2

座長

京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学 教授

髙折 晃史先生

演者②

九州大学病院 遺伝子細胞療法部/九州大学大学院 病態修復内科学(第一内科)

宮脇 恒太先生

「ヒト造血における単能性巨核球前駆細胞の同定」

一般講演3

座長

九州大学大学院医学研究院 病態修復内科学(第一内科)教授

赤司 浩一先生

演者①

国立病院機構 名古屋医療センター 臨床研究センター 生態情報解析室

安田 貴彦先生

「AYA世代急性リンパ性白血病における網羅的融合遺伝子解析」

特別講演

座長

東京大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍病態学 教授

黒川 峰夫先生

演者①

WPI 大阪大学免疫学フロンティア研究センター 実験免疫学

坂口 志文先生

「制御性T細胞による免疫応答制御」