第4回ブリストル血液学アカデミー

2016年9月17日に福岡で第4回ブリストル血液学アカデミーが開催された。本セミナーでは,血液学,特に造血器腫瘍をテーマとした前年度の基礎・臨床研究のなかから,わが国の若手研究者が世界に発信し,その意義が評価され,主要な総合医学雑誌や血液学などの専門誌に掲載された研究論文を論文執筆者自ら紹介いただく。今回は6名の先生方に講演いただき,活発なディスカッションが交わされた。

併せて,CML Seminarとして愛媛大学の藤原弘先生にCMLにおける新たな治療戦略を,特別講演として慶應義塾大学の河上裕先生にがん免疫療法の最新知見をご紹介いただいた。  なお,今回より世話人として,東北大学の張替秀郎先生が参画された。

京都大学大学院医学研究科

血液・腫瘍内科学

教授

髙折 晃史 先生

東京大学大学院医学系研究科

血液・腫瘍病態学

教授

黒川 峰夫 先生

東北大学大学院医学系研究科

血液・免疫病学分野

教授

張替 秀郎 先生

北海道大学大学院 医学研究科

内科学講座 血液内科学分野

教授

豊嶋 崇徳 先生

九州大学大学院医学研究院

病態修復内科(第一内科)

教授

赤司 浩一 先生

CML Seminar

座長

京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学 教授

髙折 晃史先生

演者①

愛媛大学医学部附属病院 第一内科

藤原 弘先生

「Clinical Application of Anti-CML immunity in the era of TKI therapy」

一般講演1

座長

東京大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍病態学 教授

黒川 峰夫先生

演者①
演者②

東京大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍病態学 教授

仁田 英里子先生

「Aspp1 preserves hematopoietic stem cell pool integrity and prevents malignant transformation」

一般講演2

座長

東北大学大学院医学系研究科 血液・免疫病学分野 教授

張替 秀郎先生

演者①

京都大学大学院医学研究科 腫瘍生物学講座

吉里 哲一先生

「後天性再生不良性貧血におけるクローナル造血」

演者②

広島大学原爆放射線医科学研究所 幹細胞機能学研究分野

仲 一仁先生

「CML幹細胞の栄養吸収を標的とする新しい治療戦略」

一般講演3

座長

北海道大学大学院 医学研究科内科学講座 血液内科学分野 教授

豊嶋 崇徳先生

演者①

鹿児島大学難治ウイルス病態制御研究センター 血液・免疫疾患研究分野 教授

石塚 賢治先生

「Treatment and survival among 1594 patients with ATL」

演者②

特別講演

座長

九州大学大学院医学研究院 病態修復内科(第一内科) 教授

赤司 浩一先生

演者①

慶應義塾大学医学部先端医学研究所 細胞情報研究部門 教授

河上 裕先生

「Immune-checkpoint blockade, T cell based adoptive cell therapy and beyond」