血液内科領域の情報メディア

 

ACADEMY

日本の若手研究者から世界に発信する血液学の論文を選択し、研究者本人から研究成果を紹介します。

第7回ブリストル血液学アカデミー

第7回ブリストル血液学アカデミーが、2019年9月7日に京都で開催された。 本講演会は,世話人として、九州大学の赤司浩一先生、東京大学の黒川峰夫先生、京都大学の髙折晃史先生、北海道大学の豊嶋崇徳先生、東北大学の張替秀郎先生にご参画いただき、海外の主要な医学系専門誌および血液学関連専門誌に掲載された日本人若手研究者の発表論文のなかから、興味深い基礎・臨床の最新の論文を世話人の5名の先生方にご選択いただき、論文の筆頭著者本人から直接、その研究成果を報告してもらおうという趣旨で立ち上げられた。 今回は、6名の先生方に最先端の基礎研究成果をご報告いただき、CMLセミナーではトロント大学のDennis Kim先生に、特別講演では京都大学の岩井一宏先生にご講演いただいた。
ここでは、その発表要旨を紹介する。

東北大学大学院医学系研究科

血液・免疫病学分野 教授

張替 秀郎 先生

九州大学大学院医学研究院

病態修復内科学(第一内科) 教授

赤司 浩一 先生

京都大学大学院医学研究科

血液・腫瘍内科学 教授

髙折 晃史 先生

一般講演1

九州大学大学院医学研究院 病態修復内科学(第一内科)

赤司 浩一先生

北海道大学大学院医学研究院 内科学分野 血液内科学教室

中川 雅夫先生

順天堂大学大学院医学研究科 輸血・幹細胞制御学

荒木 真理人先生

Calreticulin遺伝子変異による細胞腫瘍化の分子メカニズム The molecular mechanism of development of myeloproliferative neoplasms by mutant calreticulin

Read MORE

WEBINAR

当社が主催するWEBセミナーをご案内いたします。

がん治療に挑む同じ医師だからこそわかることがあります。